睡眠不足で体重増加にならないためのポイント

太りやすい時のライフスタイルを見つめなおしてみると、意外と出てきやすい問題点が睡眠不足です。
あわただしく過ごしがちな現代人は、仕事の忙しさから睡眠不足に陥りがち、でもそれは体重の増加にもかかわります。
健康的に目標までダイエットを成功させて、健やかさを保ちながらスタイルの良さを目指すのであれば、日ごろの睡眠をなおざりにはできません。
お布団に入って目を閉じる1時間くらい前には、パソコンやスマートなどの使用はストップをして、ブルーライトから完全に離れます。
シンデレラタイムは22時から2時までといわれているので、できるだけ22時台にはベッドへ入るようにして、それが無理ならその日のうちに眠ることです。
布団のシーツや枕カバーは清潔なものを使用して、睡眠をとる部屋の湿度は16.1度くらいを目安にキープします。
心地の良い睡眠をとれるように、ベッドのある部屋は掃除をして片付けておき、眠る前にはネットではなく読書をして、就寝時には室内を暗くして眠ることです。

sub置換

更新記事